ウォーターサーバーの安全性

いつでも安全でおいしい水が飲めるウォーターサーバーを選ぶ上で、多くの業者が様々なプランや水を提供しているので、そこから自分の理想とするウォーターサーバーを選ぶことはなかなか難しいことです。お得なウォーターサーバーがきっと見つかる比較サイト。そこで、選択するポイントがいくつかあるので、そこを比較することによって理想の水を見つけるようにしてください。まずは価格については、ウォーターサーバーを導入するときにかかる初期費用。それに水の単位当たりの料金、およびサーバーレンタル費用およびサーバーメンテナンス料金で決まります。最近の契約方法では初期費用を可能な限り下げて、手軽にウォーターサーバーが導入できるようにしています。水の単位当たりの料金は水の種類によって大きく変わります。天然水は高めで、人工水のRO水は安めになっています。1本のボトルの大きさが業社によって様々なので1リットル当たりの料金で決めるようにします。安いものでは1リットル当たり100円前後、高価なものでは1リットル当たり200円近くのものが多くなっています。サーバーレンタル費用やメンテナンス費用は無料のところもありますが、無料のところは水の料金が高くなっていることもあるので、月あたりの合計金額がいくらになるかを比較することがポイントです。水の種類やボトルの大きさやボトルのタイプも重要な要素です。味よりも安全性が第一と考えている人はRO水はコストも安く、不純物は一切含まないのでお勧めです。天然のミネラルが含まれたおいしい水が欲しい人には価格はやや高くなりますが、天然水も様々な産地の製品があり、含有するミネラルも多肢あります。ボトルの大きさについては水の使用量や付け替えの労力で決めます。ボトルのタイプには使い捨てのワンウェイボトルと再利用されるリターナブルボトルがあります。リターナルボトルは再利用できるのでコストは安く、ごみの減量につながるのでエコに繋がると言われていますが現在主流なのはワンウェイボトルです。ワンウェイボトルは使い終わったら、自分でごみの処理をしなければならない欠点がありますが、かなり小さくたためるのでそれほど場所はとりません。ウォーターサーバーを利用する理由として安全な水が確保したいという要求に対して、ワンウェイボトルはボトルの中に空気が入らないので衛生的です。ウォーターサーバーを使う上で、自分が何を最も重要視するかをしっかり意識して最適なものを選択するようにしてください。

MENU

ウォーターサーバーの安全性